パデルとは

パデルとは

パデルを覚えるならオフェンスから?それともディフェンスから?

スポーツでは「攻撃が先か守備が先か」という論争が行われる。 プロ野球でよく語られる、「投手力を向上させるべきだ」とか「打撃力を向上させるべきだ」という類の話だが、さてパデルでは「攻撃力」と「守備力」どちらが大事(どちらが優先されるべきか)なのだろうか。
パデルとは

テニスのグリップは任意だけど、パデルのグリップは(ほぼ)強制

「パデルはグリップチェンジしなくていい、は本当?」という記事でグリップについて述べたが、今回はグリップとプレー(スタイル)の関係性について考えてみたいと思う。 まずテニス。 テニスにはサーブ&ボレーヤー・グラウンドストローカー・レトリーバー・カウンターパンチャー・ビッグサーバー・オールラウンダーなど多様なプレースタイルがある。
パデルとは

パデルはグリップチェンジしなくていい、は本当?

パデルでボールを打つ際、「(テニスで言うところの)コンチネンタルグリップで握りすべてのショットを打ちます」という説明が多い。 これはきっと、「パデルはテニスより簡単なスポーツ」というアピールの流れも汲んでいるのだろう。 テニスはショットによっては握り変える必要があるため、技術的に覚えなければいけない握り方が いくつもある。
パデルとは

パデルを難しくさせている矛盾とは何か

以前「パデルってどんなスポーツ?本当に簡単なの?」という記事の中で、パデルにおける「ボールの回転」について述べた。 パデルは壁の部分はスカッシュに似ており、ネットがあるという点ではテニスに似ている。
パデルとは

パデルってどんなスポーツ?本当に簡単なの?

以前も書いたがパデルを紹介する際、「簡単」「楽しい」「誰でもすぐ上手くなる」といったキーワードを用いて「(テニスより)敷居の低いスポーツ」と認知させて普及させることが多い。 これも重複するので詳細は省くが、もちろんパデルがテニスより簡単な部分はあるが、逆にパデルのほうが難しい部分もある。
パデルとは

パデルとはどんなスポーツ?

「パデルとはどんなスポーツですか?」 これからパデルを真剣に(競技として)やりたいという意思のある人にこう聞かれたらあなたはどう答えますか。 テニスとスカッシュを足して二で割ったスポーツで・・・というのはただのパデルの説明ですね。
パデルとは

テニスの戦術の中にパデルで使えるものってあるの?

テニス(ダブルス)で使われる主な戦略とは、 センターセオリー 低いボールを打つ 相手より先に有利なポジション(ネット付近)を取る 時間を奪う 2対1の形を作る
パデルとは

スカッシュの戦術の中にパデルに有効なものはあるか

スカッシュでよく使われる主な戦略とは、 壁際(サイドウォール・バックウォール)にボールを集める 低いボールを打つ 速いボールを打つ 2バウンド目が壁に寄るように打つ(意図的に跳ね返りを使う場合を除く)
パデルとは

スカッシュと異なる部分はあるか

ネットがあること コートの大きさがちがうこと(パデル縦10m×横10m、スカッシュ縦10m横6m、テニス縦12m横8m(ダブルスは10m)) 前が壁ではなくネットであること
パデルとは

テニスと異なる部分はあるか

・シングルスがないこと(あるにはあるがほとんど普及していない) ・サーブがアンダーサーブしかないこと ・コート横と後ろに壁があること
タイトルとURLをコピーしました